最新薄毛治療のルグゼバイブ!! 
パントガールを超える効果とは!? 



ルグゼバイブとは?

ルグゼバイブ
現在ではほとんどの美容外科で「女性用の飲む育毛剤」としてパントガールが処方されています。 他にも「塗るプロペシア」と呼ばれているパントスチンがあります。

ルグゼバイブはパントガールの有効成分である「パントテン酸カルシウム」にプラスして 「馬プラセンタ」「コロストラム」という成分が配合されています。 この2つの成分がルグゼバイブの最大の特徴で、パントガールを超えると言われている所以でしょう。

ルグゼバイブとパントガールのどちらも「パントテン酸カルシウムは」を60mg含有しています。 ネットの口コミでもパントガールから乗り換える人も多いようで、その中でも評価は上々です。 販売開始半年も経たないうちに品切れで入手できない状況になっていたりします。(現在は入手可能です。)

特に髪の毛と肌にハリが出てきたというコメントが多く見られました。ただし、匂いが気になるというコメントも多いようです。

ルグゼバイブの詳細はコチラ

馬プラセンタによるグロースファクター

ルグゼバイブ

「馬プラセンタ」についてですが、既にプラセンタが髪に良いということはよく知られています。 プラセンタには、馬、豚、羊の3種類が国内でも販売されていますが、そのうち豚が主流となっています。 馬プラセンタの方がアミノ酸の量が遥かに豊富ですが、価格が高いことでも知られています。

プラセンタが薄毛の改善に効果があると言われていますが、正直なところ正確なメカニズムはまだ明らかなっていません。 また、国がその効果を正式に認めているわけでもありません。 プラセンタには細胞増殖因子(グロースファクター)を分泌するという機能があり、 これらが「パントテン酸カルシウム」や「ミノキシジル」に勝るとも劣らない可能性を秘めているのだと思います。

最近では美容外科でもこれら細胞増殖因子(グロースファクター)の成長因子を使った毛髪再生治療を 行う医院が非常に増えてきています。

プラセンタ

ほんまでっかTVに出演していた某女医さん(43歳)のようにプラセンタで髪や肌も若々しさを保っている姿を見ますと 「馬プラセンタ」が60,000mg相当も含有されているルグゼバイブにも期待したいところです。


ルグゼバイブの詳細はコチラ

ルグゼバイブとパントガール

ルグゼバイブとパントガールは価格もそれほど差異は無く、若干パントガールの方が安価です。ルグゼバイブは2015年にリリースされたばかりで、 これから実績が評価されるようになると思いますが、2016年4月には既に品切れで一時入手出来ない状況が続いておりました。

今後、ルグゼバイブが女性の薄毛治療薬として主力になっていくのではないでしょうか。 なお、ルグゼバイブとパントガールの成分は非常によく似ていますので併用する必要は無いでしょう。

パントガール
パントガール(Pantogar)

女性用の薄毛治療薬

薄毛治療薬は男性専用のものと比べると女性専用のものは少ないですが、ルグゼバイブ以外にもいくつか有効な薄毛治療薬があります。

 ・ルグゼバイブ(ドクターゼロ)
 ・パントガール(Pantogar)
 ・パントスチン(Pantostin)
 ・女性用ロゲイン(Rogaine)

 

更新情報・お知らせ

パントガールやルグゼバイブが効かない薄毛の原因ページ追加
成分比較と価格ページ追加
口コミページ追加
ホームページリニューアル


パントガール(Pantogar)

↑ PAGE TOP