最新薄毛治療のルグゼバイブ!! 
パントガールを超える効果とは!? 



パントガールやルグゼバイブが効かない薄毛の原因

パントガールやルグゼバイブが効かない薄毛の原因

女性の薄毛治療としてパントガールやルグゼバイブ、女性用ロゲインを紹介してきましたが、効果が全く見られないケースもあります。また、女性向けのAGA専門クリニックを受診したとしても同様にサプリ等が処方されますが、あまり効果が得られなかった経験がある方も多いと思います。

その様な場合、薄毛の原因として「円形脱毛症」を疑ってみると良いかもしれません。今まで円形脱毛症の原因は、「自己免疫機能の異常」、「アトピー性皮膚炎」とされてきました。そして最近になって、もう一つの原因として新たに発見されたのが「金属アレルギー」です。

ルグゼバイブの詳細はコチラ

薄毛の原因は金属アレルギーかも!?

薄毛の原因は金属アレルギーかも!?

身に着けている金属が溶け出し、毛根にあるケラチンというたんぱく質と金属イオンが結合します。金属アレルギーを持つ場合、それを免疫細胞が異物とみなして攻撃します。つまり金属アレルギー反応を起こしたため、毛髪を作る組織が破壊され毛髪が抜け落ちるというメカニズムです。

金属アレルギーによる脱毛症については近年、国際学会でも国内外の論文でも発表されています。清潔志向が進んだ現在では最近に対する免疫力が鍛えられなくなったと言われています。そのため、昔と比べるとアレルギーを持つ人が増えていると考えられています。最近、若い女性に薄毛が増えていると言われていますが、この様なアレルギーが起因しているのかも知れません。

金属の装飾品を身に着けていなくても注意が必要

脱毛症でお困りの方の中には、普段から金属系の装飾品を身に着けていない方もいらっしゃると思います。金属アレルギーが原因で脱毛症を発症してしまう例で多いのが「虫歯治療で使う歯の詰め物」です。この歯の詰め物に使われている金属が溶け出して金属アレルギーを引き起こすのです。

例え金属アレルギーでは無かったとしても、長い年月の間、唾液にさらされて金属が溶け続けていき、金属イオンが一定量を超えてしまって初めて金属アレルギーが引き起こされる場合があります。ですので、20年、30年前に詰めた金属が今になって金属アレルギーとして発症してしまうことが考えられるのです。

アレルギー源を断つことで髪の毛が生えてくる

歯の詰め物が原因となっている場合、これを除去することで脱毛が収まり髪の毛が生えてくる可能性が高いです。日本国内でアレルギーといえばスギ花粉が有名ですが、世界で一番ポピュラーなアレルギーはニッケルという金属のアレルギーです。

歯の詰め物に使われる歯科金属にはニッケルが含まれることが多いそうです。もし脱毛症が見られる場合は、金属アレルギーが無いかどうかを検査してみると良いかもしれません。

女性用の薄毛治療薬

薄毛治療薬は男性専用のものと比べると女性専用のものは少ないですが、ルグゼバイブ以外にもいくつか有効な薄毛治療薬があります。

 ・ルグゼバイブ(ドクターゼロ)
 ・パントガール(Pantogar)
 ・パントスチン(Pantostin)
 ・女性用ロゲイン(Rogaine)

 


パントガール(Pantogar)

↑ PAGE TOP