最新薄毛治療のルグゼバイブ!! 
パントガールを超える効果とは!? 



パントテン酸カルシウムとは

パントテン酸カルシウム
パントガールの有効成分である「パントテン酸カルシウム」ですが、ルクゼバイブにも同じ用量(60mg)が含まれています。 パントテン酸カルシウムはビタミンB群の一つに含まれ、三大栄養素である糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促進する働きがあります。 女性の薄毛にルクゼバイブやパントガールの「パントテン酸カルシウム」が使われる大きな理由としては4つあります。

「頭皮の血行促進」
「ストレス緩和」
「頭皮の免疫力」
「紫外線からの保護」

脂質、糖質、たんぱく質の代謝を助ける。体の抵抗力を高め、風邪をひきにくくする。 善玉コレステロールを増やす。 特に抗ストレス作用に着目され、副腎皮質ホルモンの合成を助け、ストレスの軽減する働きをします。

近年、女性の薄毛が急増している原因がストレスであると方々で言われています。ルグゼバイブやパントガールに含まれているパントテン酸カルシウムはこれらのストレスを軽減させる働きがあります。睡眠不足であったり、過度のダイエット、ストレスの蓄積などの生活習慣を見直すのも重要です。

ルグゼバイブの詳細はコチラ


甲状腺機能の異常と薄毛の関係

甲状腺機能障害にストレスが大きく起因しているという事実は多くのケースで知られています。

また、近年では甲状腺機能が女性の薄毛に密接な関係があると指摘されています。甲状腺ホルモンの分泌が減少すると、生死を司る優先度の高い臓器への配分を多くする必要があるため、命と関係のない髪の毛や爪などへの配分が減ってしまうと考えられています。

そうなると、髪の毛の細胞活動が弱まってしまい、毛が育たずに抜け毛も増えてしまうのです。甲状腺機能障害は女性に多く、「疲れやすくなる」「白髪・脱毛」「むくみ」がおきやすくなります。成人の約20%が甲状腺機能低下症とされています。甲状腺機能と薄毛については某テレビ番組で特集が組まれるほどです。

劇的改善!女性の薄毛
ためしてガッテン

ストレスが薄毛の大きな原因となっている理由の1つと言えるでしょう。ルグゼバイブやパントガールに含まれている「パントテン酸カルシウム」はこのストレスを軽減させる効果が期待されています。

ルグゼバイブの詳細はコチラ

女性用の薄毛治療薬

薄毛治療薬は男性専用のものと比べると女性専用のものは少ないですが、ルグゼバイブ以外にもいくつか有効な薄毛治療薬があります。

 ・ルグゼバイブ(ドクターゼロ)
 ・パントガール(Pantogar)
 ・パントスチン(Pantostin)
 ・女性用ロゲイン(Rogaine)

 


パントガール(Pantogar)

↑ PAGE TOP