最新薄毛治療のルグゼバイブ!! 
パントガールを超える効果とは!? 



馬プラセンタとは

馬プラセンタ
ルクゼバイブに含まれる馬プラセンタが女性の薄毛にどのような効果があるのでしょうか。それは成長因子の働きに起因するものと考えられます。

プラセンタは更年期障害治療や肝機能低下治療として国から認められていますが、薄毛や美容への効果については、正確なメカニズムはまだ明らかなっておらず、国がその効果を正式に認めていません。

しかしながら、今日の美容外科の至る所で取り扱われているのも事実です。どちらかというと多くの女性達にとって美容目的、アンチエイジング目的で使われているケースのほうが多いです。

ルクゼバイブは馬プラセンタを1粒あたり60,000mg相当配合されています。プラセンタは発毛を促進させるための成長因子を多く含んでいます。

FGF-7…毛母細胞の増殖・分裂を促すことで毛髪成長させる
IGF-1…休止期から成長期に移行させるシグナル
VEGF…血管新生
FGF-2…VEGFでできる毛細血管より太い血管を生む。あとWntを制御?
HGF…細胞増殖促進
PDGF…成長期の維持
Wnt…休止期から成長期に移行させるシグナル
TGF-β1…退行期移行シグナル

これらの成長因子が身体の中に摂りこまれると、全身の細胞の新陳代謝を促進し、代謝を向上させ、体質の改善、組織や機能を若返らせるといった効果が期待されています。

ミノキシジルの発毛作用にもVEGFやKGFといった成長因子が関与していると言われていますね。また、馬プラセンタは他のプラセンタ(豚・羊)と比べて300倍のアミノ酸を含んでいます。アミノ酸・タンパク質・ムコ多糖・ビタミン類・ミネラル・核酸・成長因子などがあります。

これらは髪の毛の成長に欠かせない成分です。その分、他のプラセンタと比べてやや高価です。成長因子=グロースファクター(GF)は、最先端の美容外科でも取り入れられている薄毛療法で、ルクゼバイブにもその効果が期待されています。

ルグゼバイブの詳細はコチラ

女性用の薄毛治療薬

薄毛治療薬は男性専用のものと比べると女性専用のものは少ないですが、ルグゼバイブ以外にもいくつか有効な薄毛治療薬があります。

 ・ルグゼバイブ(ドクターゼロ)
 ・パントガール(Pantogar)
 ・パントスチン(Pantostin)
 ・女性用ロゲイン(Rogaine)

 


パントガール(Pantogar)

↑ PAGE TOP